CHECK

出産祝い何する?プレゼントにおくるみを贈るメリットとおすすめの選び方などについて解説

おくるみのメリットは赤ちゃんの睡眠や保温に役立つアイテムです。薄手のものは夏場に、厚手のものは寒い季節に適しています。肌触りの良い天然素材がおすすめで、柔らかくて通気性のある綿やバンブーが人気です。サイズは新生児向けから大きめのサイズまで様々あります。安全面にも注意し、首がすっぽりと入らないようにするなど寝具として適切な使い方を心掛けましょう。また、おくるみはベビーシャワーや出産祝いの贈り物としても喜ばれるアイテムです。

初めての出産祝いに喜ばれるおくるみ!

おくるみは赤ちゃんを優しく包み込む布の一種で、実用的な面では身体を冷やさないようにしながら保護し、ゆったりと眠れるような環境を作ることができ、古来からの風習の面では赤ちゃんが健やかに成長することを願うためのアイテムです。そんなおくるみは、初めての出産祝いに喜ばれると評判です。まず、その赤ちゃんがカップルにとって初のお子様だった場合、必要なアイテムが揃っていない可能性があるほか、おくるみは何枚あっても困りません。初めての子育てに戸惑いながらも慌ただしい毎日を過ごしている中で、なかなか洗濯をするのも追い付かないことがあります。そんな時に替えのおくるみがあれば、すぐに赤ちゃんを包み込むことができます。さらに赤ちゃんがこの世に誕生したことを心から祝福し、無病息災や健やかな成長を願うと言う意味が込められていることから、出産祝いに贈れば喜ばれること間違いありません。常に赤ちゃんの肌に触れながら、末永く見守り続けます。

新生児の出産祝いにおくるみが人気の理由!

おくるみは新生児の出産祝いに人気のあるアイテムです。人気の理由として、長く愛用できるという点が挙げられます。スタイやソックス、ベビー用の洋服に離乳食グッズなど出産祝いに選ばれるアイテムは他にもたくさんありますが、すぐに赤ちゃんが大きくなってサイズアウトしたり、使用できる期間が意外と短かったりします。おくるみの場合、赤ちゃんに巻いたりするだけでなく、場スタイルやブランケットとしても活用することが可能です。 他にもベビーカーの日よけにも使えるので、長く愛用することができます。また、おくるみはガーゼなど長く使えば使うほど、柔らかく肌馴染みが良くなる生地で作られているものが多いので、長期にわたり使う方も少なくありません。この他には産後、すぐに使える点も人気となっている理由の1つとなっています。 素材の種類もバリエーションが豊富で、ガーゼだけでなくパイル生地や綿、ボアやフリース、高級なものだとカシミアなどもあります。色々なシーンで活躍するので、おくるみは何枚あっても良いというママさんも多いです。

遅くなった時の出産祝いにおくるみは適切?

親しい友人や会社の同僚が目出度く子供を授かって出産することができた場合、出産祝いとして何か素敵なプレゼントを贈りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 しかし、バタバタとした日常のせいで出産した後直ぐに贈ることになってしまった場合、遅くなった後でも出産祝いをプレゼントすることはできるので安心してください。 特におくるみに関しては非常に喜ばれやすいと言われています。生まれたての子供は夜泣きをすることが多く、寝かしつけがちゃんとできなくて睡眠不足の状態が続いている母親も非常に多いからです。 夜泣きに絶大な効果を発揮してくれるおくるみなら何枚持っていても役に立ちますし、デザイン性が優れていてデリケートな体質の子でも問題なく使用できる高級なおくるみを贈れば喜ばれることは確実と言えるので、何を渡せば良いのか直是になっても悩んでいるのであればぜひ参考にしてみることをおすすめします。 そして、お祝いの言葉としてメッセージカードを添えて贈るのも非常に素敵なので実行してみると良いでしょう。

おくるみを出産祝いで贈るとき季節は関係ある?

おくるみを出産祝いで贈る際に季節は重要な要素です。時期に応じて素材やデザインを選ぶことで、赤ちゃんとママの快適さと安全性を確保できます。春や夏に贈る場合、薄手で通気性の良い素材が適しています。天候が暖かいため、赤ちゃんが汗をかいてしまうこともありますが、通気性がある素材ならばムレを軽減できます。明るい色や柔らかな柄のおくるみは、季節感に合った爽やかな印象を与えるでしょう。 一方秋や冬に贈る場合は、暖かくて保温性が高い素材が適しています。寒い時には特に赤ちゃんの体温調節が難しくなるため、暖かいおくるみで包んであげることが大切です。フリースやウールなどの素材が良いでしょう。冬は暗めの色味や、可愛らしい冬柄が人気です。 シーズンに合わせた選択は、お祝いの気持ちをより伝える助けにもなります。例えば春や夏には花や動物のイラストが描かれた明るいデザインは喜ばれます。秋や冬には雪やユーキャンなど、冬の風物詩をモチーフにしたおくるみが喜ばれるかもしれません。

出産祝いのおくるみは長く使えるものがおすすめ

おくるみを出産祝いとして贈る際は、長く使えるものがおすすめです。
最近はフードつきや、手足をカバーするデザインのタイプなどもありますが、長い間使うことを考えるのであれば1枚布タイプが良いでしょう。
1枚布タイプは文字度通り、1枚の大きな布となっているデザインです。
おくるみとしてだけでなく、生地の種類によってはタオルやブランケットにシーツ、ベビーカーの日よけなど様々なシーンで活躍します。
フードつきや手足をカバーするタイプのものは、使用する月齢がある程度限られているので、愛用して欲しいのであればシンプルな1枚布のものを選ぶと良いでしょう。
選ぶ際は生地の種類もポイントになります。
オールシーズン使えるのはガーゼやコットン、パイル生地のものです。
保温性の高いボアやマイクロフリースのものは、冬場しか使う期間がありません。
ガーゼなど通気性が良いものは、1年じゅう活躍します。
このような点を抑えることで、長く使用できるおくるみを選ぶことができます。

月齢に合わせたおくるみを出産祝いで贈ろう!

赤ちゃんの成長は早く、毎日目まぐるしく変化を見せてくれます。
つい先日まであんなに小さかったのに、今は立派になったと感じることが多く見られます。
そんな中で出産祝いには毎日使用するおくるみを贈ることがありますが、月齢に合わせることでより実用性が高まります。
おくるみは使い勝手や作業の手間から出来るだけ丁度良いサイズが求められ、大きすぎても小さすぎても不便です。
大きすぎれば何度もくるむ必要が生じ、小さすぎれば赤ちゃんをしっかりと包むことができます。
そこで出産祝いのプレゼントにおすすめなのが、月齢に合わせたおくるみです。
個人差はあるもののおおよその丁度良いサイズが決まっており、専門店ではそれぞれの時期に合わせた製品が販売されています。
子育てに忙しい中で丁度良いサイズなら素早く赤ちゃんを包んだり外すことができる上に、しっかりと身体を保護することが可能で、親御さんの負担を大幅に軽減することができるようになります。

自分たちでは買わないようなデザインのおくるみの出産祝いも人気!

出産祝いに最適なプレゼントについて詳しく調べていると、必ず検索でヒットするのが種類の豊富なおくるみの存在になると思います。
おくるみは寝かしつけを簡単に行うためには欠かすことができないアイテムの一つになるので、ほとんどの親御さんがプレゼントされると喜ぶものでもあります。
ただし、既に持っているおくるみをプレゼントしてもあまり喜ばれないと思うので、自分ではなかなか買うことがないような珍しくて個性的なデザイン性のものを積極的に見つけるのが最も良いと言えます。
一体どのようなデザインなら魅力的に見えるのかと言うと、野菜や果物などをモチーフにした面白いタイプが喜ばれやすいです。
白菜や人参、バナナなどをモチーフにした商品がとても多くありますし、餃子やクレープといった包むタイプの料理を参考にした商品もかなりあるので、貰った瞬間にクスッと笑ってしまうような斬新な商品を見つけてぜひ出産祝いにプレゼントしてあげてください。

出産祝いでおくるみを贈る時季節も大切!

出産祝いとして定番の「おくるみ」ですが、贈る時の季節にも注目して選ぶことが大切です。
おくるみと一言でいっても使われている生地の種類は様々です。
薄手のものから厚手のものまであります。
使用する季節に合った生地のものを選ぶことで、贈られた側もより使いやすくなるでしょう。
例えば春・秋はコットン素材や6重ガーゼなど、少し厚手だけど通気性も良い素材で作られたものがおすすめです。
春・秋は気温の変化が激しい季節です。
少し厚手の生地であれば保温もしつつ、通気性も良いので春・秋に使いやすいでしょう。
夏の場合、気温もかなり高く汗もたくさんかくので、薄手のガーゼがおすすめです。
またタオル生地も汗を良く吸ってくれるので、夏場は何枚持っていても重宝します。
冬はボアやマイクロフリースといった、ふわふわとした肌触りでしっかり保温もできるものがおすすめです。
赤ちゃんにかけてブランケットとしても活躍します。
このように、季節に合った素材のおくるみを選ぶことで、より喜ばれる出産祝いになります。

出産祝いのおくるみは素材にこだわろう!

おくるみを出産祝いで贈る際は、素材にもこだわってみましょう。
オールシーズン1年を通して活躍するのは、綿やガーゼ製のものです。
綿は肌触りが良く、吸湿性、通気性に優れており赤ちゃんが身に着けるものにピッタリです。
生地も薄手のものからフランネルといって厚手のものまであります。
秋冬に贈る場合は、保温性も考慮して厚手のフランネル製もおすすめです。
ガーゼも通気性が高く肌に優しい生地ですので、おくるみに多く使用されています。
このメリットの他にガーゼは、汗をかいたりしてもすぐに乾く点も特徴です。
赤ちゃんはまだ体温調節が苦手なので、汗をたくさんかく夏場におすすめとなっています。
パイル生地はタオル感覚で使用できるおくるみです。
ミルクがこぼれてしまっても、あまりシミにはなりにくく選択もしやすい点が魅力です。
厚手のものであればブランケット感覚で活用できます。
寒い秋冬にはボアやマイクロフリースのものが重宝するでしょう。

出産祝いで喜ばれやすい!1枚布のおくるみは実用性に優れている

出産祝いで喜ばれやすい贈り物の一つに、1枚布のおくるみがあります。
実用性に優れているため、新しい赤ちゃんやその両親にとって大変喜ばれることでしょう。
そのシンプルなデザインと使い勝手の良さから、多くの人々に愛されています。
薄手の布であるため、赤ちゃんが快適に過ごせる季節を選ばず、春夏秋冬を問わず使うことができます。
肌触りの良い素材を選べば、赤ちゃんのデリケートな肌にも優しく、かぶれや刺激を防ぐことができます。
非常に軽量で持ち運びが簡単です。
外出時にはベビーカーに忍ばせたり、お出かけ用のバッグにコンパクトに収納できるため、移動中にも赤ちゃんのお世話がスムーズに行えます。
おくるみとしてだけでなく、授乳カバーやお昼寝用のシェードとしても利用できるため、多目的に活用できるのも魅力的です。
一枚布のおくるみは、新生児期から幼児期まで長く使えるアイテムです。
赤ちゃんが成長しても、おくるみだけでなく、お人形のお布団やひざ掛けなどにも活用できます。
そのため長く愛される贈り物と喜ばれることでしょう。

ブランドのおくるみは出産祝いにぴったり!

まず、ブランドのおくるみは高品質な素材とデザインで作られています。
柔らかく肌触りの良い素材は赤ちゃんの敏感な肌にやさしく、心地よい眠りをサポートします。
また、可愛らしいデザインやカラーバリエーションはパパやママが楽しんで使うことができる点も魅力で出産祝いに適しています。
贈る側としても、おくるみは喜ばれること間違いなしです。
特別な日に贈られる高級なアイテムは、おめでたい気持ちをさらに高めてくれます。
思いやりと心配りが込められた贈り物は、大切なご家族や友人に感謝の気持ちを伝えるのにぴったりです。
さらに、おくるみは機能的でもあります。
赤ちゃんの成長に合わせて使えるアイテムですので、長く愛用していただけます。
お散歩時や寝るとき、赤ちゃんを温かく包み込み安心感を与えてくれます。
最後に、ブランドのおくるみは個別のケースや袋に入っていることが多いため、贈り物としての演出にもぴったりです。
包装を開ける瞬間のワクワク感や驚きは、贈る側も贈られる側も特別なひとときとなります。

出産祝いには名前入りのおくるみが人気!

喜びやお祝いの気持ちを込めて贈る出産祝いですが、友人や親戚等たくさんの方が贈るため被ってしまわないか悩む方も多くいらっしゃいます。
スタイやタオルなど定番アイテムは重宝するため人気が高く、被りやすいです。
使用頻度が高いため、いくらあっても困らないアイテムではありますが、せっかく贈るなら印象深いものを贈りたいです。
そんな方にお勧めなのが名前入りのおくるみです。
育児をするお母さんが重宝するアイテムで、なかでもおくるみに名前を入れられるものがあり、出産祝いに喜ばれるプレゼントとして人気を集めています。
おくるみに名前を入れることで、世界にひとつだけのおくるみをプレゼントすることができ、思い出にも残るためおすすめです。
中には、身長計がプリントされたものもあり、生まれたときの身長の目印を入れてもらえるので、成長を目に見えて感じることができます。
名前入りの商品であれば、定番品で被ってしまっても、センスを感じるアイテムのため一目置かれ贈り物になります。

たくさんあっても困らない?おくるみを持っている人に出産祝いで贈っても良い?

すでに何枚もおくるみを持っている方に、出産祝いで贈っても良いか気になるという方も、多いのではないでしょうか。
人気のアイテムということもあり、多くの方からいただいている可能性のあるものを贈ってしまうと困ってしまうのではと考えてしまいます。
ですが、おくるみは何枚あっても困らないという方が多いです。
おくるみは素材のバリエーションが豊富で、素材を変えれば様々なシーンで活用することができます。
基本的なおくるみとして使うのはもちろん、ガーゼやパイル生地であればタオル感覚で使用することも可能です。
少し厚手の生地であれば、ブランケットとしても活躍します。
この他にもベビーカーの日よけとしてなど、使い方は様々です。
ボアやマイクロフリースといった、あったかい生地のものであれば冬場も使用できます。
数が多ければ洗い替えもしやすいです。
素材や生地の厚さによって使い分けもできるなど、数がたくさんあっても困ることはないでしょう。

出産祝いにおくるみを贈る時の注意点!

赤ちゃんを包み込む「おくるみ」を出産祝いとして親戚や友人、職場の同僚などに贈る際には、主にマナー面で注意点があります。
おくるみは出産したことを知ってからできるだけ早い時期、具体的には出産1週間後の「お七夜」から、1ヶ月後の「お宮参り」までの間に贈るのがベストといわれています。
贈り方については特に厳格なマナーがあるわけではなく、宅配業者を通じて行っても問題はありません。
出産直後は、家事や育児で疲労が特にたまっていると考えられるからです。
もちろん、直接おくるみを渡しに行っても良いですが、その際には相手に問い合わせて了解を得た上で訪れるようにし、滞在時間はできるだけ短めにしましょう。
出産祝いとしておくるみを渡す際にメッセージを添えようと考えている場合は、文章の中で使う表現に注意が必要です。
特に、忌み言葉や不幸を想起させるような表現は使わないようにします。
例えば、「ながれる」という言葉は流産を、「みじかい」という言葉は短命を連想させる可能性があります。

出産祝いにおくるみを贈るに関する情報サイト
出産祝いにおくるみをプレゼントするときの基本

このサイトでは出産祝いを何にするか悩んでる方に、おすすめの選び方を案内しています。おくるみを贈るメリットやさらに兄弟がいる人への贈り方や、どんなものが主流なのかなどを深堀りして解説します。 新しい家族を迎える喜びと幸せを共有できることに特別な意味があります。親や家族に対する感謝の気持ちを伝えられたりと、贈り物によって親子の絆や家族の絆を強化できること。特別な瞬間に寄り添い、愛と喜びを伝える大切な行為といえるでしょう。

Search